--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/28

アルマ

あれまー
スポンサーサイト
イベント | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/26

予選

前半は調子いいものの、後半の結果悪すぎ。
もう本戦は満足する回数結果こなして、限定カードモチベーションもアルマと○○事件と
ある程度持ってるから無いですけど
けど、やっぱ本戦行きたいですねー
結果出して→調子乗ってデュエル理論まとめて→後どうでもいいや状態になりたいです
CHAMPIONSHIP SPRING 2009 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/21

アニバ

どうでもいいカードばっか当たるのがなんとも
アニバの無い頃は7連に威厳があってよかったなぁ…
イベント | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/06

YOC論

勝率8割とすると
1.8割×8割×8割=51.2%←1つのブロックを勝ち抜ける確率
2.51.2%×51.2%=26.2%
3.26.2×51.2=13.4←優勝できる確率

計算しやすいように、また強い人相手に勝率8割は無理だから
ちょっと落として優勝率10パーセントの人が

1回でなれない確率90
2回81
3回72
4回64
5回57
6回51→優勝できる確率約50%
7回45
8回40→優勝できる確率60%

9回36
10回32→優勝できる確率68%
11回28
12回25
13回22
14回19
15回17
16回15→優勝できる確率85%

某Rさんとか他のトッププレイヤーとか実際これくらいでしょうね。
フル出場で2度優勝できる可能性は前半後半で考えて6割×6割=36%(厳密には違いますが)
そこからモチベーションの低下である程度確率が下がります。
2度優勝してる人、それに近い成績の人は何人かいます。

まあ常にシングル勝率8割なんて無理です、7割くらいですね。
残り1割は裏技でトータルの勝率を水増しです。

俺は忙しいから無理だよ→年間で考えましょう3回×3シーズンで9回出場。
2年計画で18回出場できます。

ここから自論のまとめ

・先ほど出てきた7割という数字。
ファイナリになってる人の勝率もちょうどそれくらいだと思います。
60≦ファイナリ≦75くらいでしょう。
この実力+戦術(前述の水増し)+運で勝率8割なみの実力を予選で発揮
というのが平均的なファイナリ(計画的、非計画的含む)だと推測します。
※発揮したからといって必ずしもなれるわけじゃなく、なれる確率は上に書いた計算くらい

だから、実力の違いってそんなに重要じゃないです。基本ができていれば勝率65%。
かなり強い人で勝率70前後、その人が絶好調で75%くらいでしょう。
模試の偏差値の常識的な上限と同じくらいですね。

それくらい運がよかったり、ジャンケンで勝ちまくれば簡単にひっくり返ります。
→だから、ファイナリでも強い人と弱い人がいるんですね。
→みんな調整好きだけど、普段から定期的にやってて腕がなまってないから、
たいして向上が見込めない人が、勝率69を70にするために調整しまくるのって意味あるのかな?
→書きながら気づいた勝率=偏差値は大発見だ!

の3つが結論
考察 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。